QUICKGUARD ホームページ >

【コンテニューしますか?】△はい▼いいえ

2018.08.15

こんにちは!
毎日暑い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

2018年8月12日・・・休日にも関わらず、半ば強制的に
わたくしナリーは、ちょっくら世界を救いに行ってきました。

踊り子として。
はい、踊りで敵を魅了するあの踊り子です。

なぜいきなり世界を救うだなんて壮大なことを、と思ったそこの方。
こんなことが今、幕張メッセで行われているのです!!!
リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「大魔王ゾーマからの脱出」

さてさて。世界を救うには、仲間を作らなくてはいけませんね。
あの桃太郎ですら仲間を作って鬼ヶ島へ行っているのですから、ただの踊り子である私も、
心強い仲間を見つけなくては!
まずはルイーダの酒場(社内)で、4人パーティを作りましょう。
今回の冒険、どうやら知恵ひらめきが必要なようです。

おや、あんなところに・・・

悩みを相談すれば一瞬で解決してくれそうな占い師さんが!!
さらに、あの手この手で何でも売り捌いてくれそうな商人さんも!?

あと一人は・・・

「旅に笑いは必要ないかな?」

旅芸人さんんんんん!?!?

さて、なんとか最強(?)の仲間がそろいました。(半強制)
ここから世界を救うための旅が始まります。

はじまりの村を抜けると、なんだかイヤァな予感が・・・
どうやら第1章は踊り子が主役のようです。

(ネタバレ防止のため、割愛)

踊り子「ちょ、あれ、ほんとにやらせるんですか・・・」

占い師「やらないと次進めないからねぇ」

商人「写真は任せてね☆」

旅芸人「動画は任せてね☆」

占い師商人旅芸人「なんだかんだ言って楽しそうだったね」

踊り子「なんだか(写真の私が)やたら嬉しそうですね」

そんなこんなで、第1章は無事終了しました。(もうやめて!踊り子のHPはゼロよ!)
続いて第2章は占い師が主役です。

商人「占い師は何するんですかね?」

占い師「う~ん、何だろう」

と、話しているとやっと出てきました謎解き!
今回は、世界を救うためにいろいろな謎が仕掛けられているのです。
ここでは、日頃肉食獣のように暴れまわっている商人が大活躍。

占い師は、商人におんぶに抱っこで、解けた謎を元に箱を開けたり、何やら怪しいお兄さんと
会話したりしながら何とか進みます。

(ネタバレ防止のため、割愛)

さてさて、頭を使いすぎた私たちはなんだかおなかが減ってきました。

腹が減ってはなんとやら。ということで、お昼休憩です。
え?写真?私もブログを書いているこの瞬間に思い出しました。(要約:撮り忘れました)
腹ペコの私たちは、ただもくもくとおいしいご飯にありつきました。
占い師だけは、「スカスカポテトだ・・・スカスカ・・」とずっと呟いてました。

おなかも満たされたところで、お次は第3章、旅芸人が主役です。
さて始めるかと足を進めたとき、なにやら落ち着きのないメンバーが1人。

旅芸人「踊り子でアレなら、私はいったい何を・・・」

実はこの旅芸人、極度のあがり症だったのです。

そんな旅芸人が主役のこの章はカジノが舞台です。

強運の持ち主である旅芸人、謎を解いていくと・・・

(ネタバレ防止のため、割愛)

占い師「意外とノリノリだったね」

旅芸人「みんながどこにいたのか、全然気づかなかったです(泣)」

あがり症の旅芸人、数いる人の中でも一番輝いていたよ!!!

そんな旅芸人の勇姿をばっちり収めたところで、第3章は終了しました。

さあ、第4章は商人が主役に。
だんだん、謎解きのレベルが上がってきます。
謎を解くと、商人は魔法が使えるようになりました!

商人「???、!(呪文)」

(ネタバレ防止のため、割愛)

占い師「ここが商人のシャッターチャンスだな」

旅芸人「私はここから写真撮ります」

踊り子「ここからのアングルは任せてください」

(会話だけだと、運動会の保護者だと思ったのは私だけでないはず。)

旅芸人踊り子「お疲れ様です」

占い師「これ、商人が一番体力使うね」

商人「〇〇だけっていうのが、難しかったですね・・・」

今のところ1人も死んでいない優秀なパーティは、いよいよゾーマ戦に向かいます・・・!!!

最終章、ここについてはネタバレのオンパレードになるため
これだけ・・・

やってしまいました。

ここは原作に忠実、死んだらリアルにGをもっていかれます。(1人、1000G)

2回目の挑戦でやっとクリア!!
所要時間は約5時間(休憩1時間込み)でした。

ここで大魔王を倒し、世界を救ったヒーローたちからコメントが届いています。
【みんなのコメント】

踊り子(なりー)「もっと踊りたかった・・・」

占い師(栗原)「まあ、あれだ。大魔王とかどうこうよりも、トイレと食事問題を改善すれば、もっと平和な世界になるよ!」

旅芸人(ニッシー)「旅芸人はなかなか、、、これも世界平和のためならしょうがないか。」

商人(ザット)「クイックガードもサーバのコンテニュー(再起動)ごとに1,000Gで復活する仕組みを取り入れられませんかね?」(「商人よ、それはダメだ」という占い師の声)

と、なぜか私のコメントまで届いていますが、何だかんだで優秀だったクイックガードのパーティ。とても楽しい冒険でした。

来年の夏はサーバ監視で世界を救う!(かもしれない)

P.S クイックガードは、万が一のサーバダウンの際もお客様に【コンテニューしますか?】△はい▼いいえのコマンド選択なく、今後も速やかにコンテニューを実施いたします。(コンテニュー課金ナシ)

 

(文責:踊り子なりー)

いや、私内定者ですけど!?

2018.07.17

皆さま、こんにちは。
クーラーに魂を売った内定者、ニッシーです。

本日、会社に着きデスクに向かっていると、ザット先輩から最初のお仕事指示が!

ザット「ニッシー、内定式のプログラム作ってくれる?」

私「?」

ザット「参考サイト送るから、色々調べながら作ってみて欲しいな〜」

私「しょ、承知しました。」

この後、四苦八苦しながらもプログラムが無事完成。オメデトウ!


最後に…

誠に恐縮ながら、私がプログラムの作成中ずっと感じていたことをこのブログに書かせてください。

「いや、私内定者ですけど!?」

※ザット先輩に向けています

既に内定者もチームの一員。内定式から「自分たちで作る」を実践できるクイックガードなのでした。

13日の金曜日、代表の栗原が突然発した一言とは…

2018.07.15

「ピザ頼んだら食べる人~?」

はじめまして! クイックガードひよこ組のナリーとニッシーです!

初めてのブログ更新、緊張しています(・_・)
さて、いきなりなのですが…

   \\ ドン! //

ドミノピザ

【画:ニッシー】(ピザはもう1枚あります)

ピザが届いた瞬間、事務所全体がおいしい香りに…!
代表とひよこ組の1人は腹ペコ状態でしたが、各自昼食をとってからの
このボリュームは運動部もびっくりの食事トレーニングでした。

最終的には、以前ご紹介したオンドリ先輩が1枚お持ち帰りで無事完食!(?)

平成最後の13日の金曜日、クイックガードでは突然のピザ会が行われました。
おいしかったです!ごちそうさまでした!(ピザ代は代表持ち)

(文責:ナリー・ニッシー)

 

バエでハピバでパリピがワズ

2018.06.15

ひよこA 「ばえってる!」
ひよこB 「おー、ほんとだ、ばえってる!」

たなやん 「ば、バエ?」
ザット(心の中)「ショウジョウバエでも、たかってたんか?」

ひよこA 「ばえっていうのは、インスタ映えの『ばえ』のことです」
ひよこB 「Instagramの写真として映えるくらいヤバイ感じっていう意味です」

たなやんザット「なるほど。ばえってるって言うのね。 ……φ(..)メモメモ」

 

いんちきピチピチギャルふうに、この時の様子を解説すると、

パリピQGが、ハピバのひよこをバエってるケーキで誕おめワズ。

 

普通に解説すると、

QG社員が、お誕生日のひよこちゃんを素敵なケーキでお祝いしました。

↓ばえってるケーキ↓ 加工してばえらせてみました

ナリー、お誕生日おめでとう!

(文責:ザット)

牛でニワトリを歓迎

2018.05.25

代表の栗原が、1年かけて口説き落としました!

ヨメの話ではありません。

5月から加わった新しいメンバーのことです。

しかもヒヨコではないです。
オンドリ(雄鶏)です。「ヒヨコ組」参照

歓迎会の場所は、栗原の友人の焼肉屋さん。

食べることに集中できるように、そこそこ序盤に写真を撮りました。


このたびの転職で関西からの転居を伴うオンドリさんは、歓迎会のあとも、一旦関西に戻るとのことでした。

クイックガードならではのこともあると思うので、

1日も早く素晴らしい「コケコッコー」

を聞かせてくれることを期待しつつ、みんなでたくさん、

を食べました。

(文責:ザット)

クイックガードひよこ組

2018.05.15

日差しがアツくなってきました。
冷やし中華は始めてませんが、内定者のインターン始めました。

栗原じきじきに、門外不出の秘儀サーバ構築の術や、自称敏腕秘書ザットによるビジネスマナー講習などをおこなっています。

覚えることが多くて反対側の耳からこぼれそうになるのを必死に押さえながら、がんばって頭の中に詰め詰めしている状態が新鮮でほほえましいです。

クイックガードひよこ組「ニッシー&ナリー」を、いずれこちらでもご紹介します!

(文責:ザット)

3年目の春

2018.04.04

弊社の決算月が終わり、立て続けに世間での年度末が終わり、あれよあれよという間の4月。

電車が混み出し、朝は混雑遅延が連日発生。
学生さんの春休みが終われば、きっとさらに。。。

神奈川では桜も散り始めました。

新しい案件もいただき、2019年新卒採用も目途が立って、クイックガード3年目の春です。
この春、クイックガードでは新しいサービスが始まります。

詳細決まり次第、ホームぺージでお伝えします。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

(文責:ザット)

大企業ならではの『転勤』について

2018.03.18

代表取締役の栗原です。

学生さん達と話をしていると大学での就活セミナーなどでも、企業を選ぶ具体的な方法だったり、待遇面の見方などを具体的に教えてあげて欲しいな。と思うこの頃です。

社会人経験がない中で、企業を選ぶって本当に大変な事だと思います。
行きたい会社に全部長期インターンで入れて、じっくり選べるなら問題ないと思いますが、インターン行くにも審査があるし、学生さんも卒業に向けてやることいっぱいありますよね。

さて、今日は会社が提示している待遇面に記載されない事項で注意する部分にフォーカスを当てたい、と思います。それは『転勤』です。
これは、都心から地方、地方から都心、部署移動に伴う海外転勤など、諸々のパターンがありますが、銀行・公務員・大手企業には絶対ついて回るものです。

まず結論から言うと、ほとんどの場合で『転勤』を拒否することはできません。

転勤がある事はあらかじめ説明会や内定時に説明してくれる会社、就業規則などに記載がある会社、それぞれ転勤がある事を明示しているので、入社した段階で同意した事になります。逆に転勤はないよ、と言われていた場合には、労働契約に変更が生じているので断れます。言った言わないに持ち込まれると厄介なので、労働条件提示書あるいは労働契約書に明記してもらう事をお勧めします。

他にもイレギュラーケースで、持病や家族の事情などを考慮して断れるケースもありますが、新卒の皆様にはあまり当てはまるケースはないと思いますので、稀だと考えてください。

あんまり採用面で表記がされない事ですが、生活が一変する事項なので留意しておきたいですね。学生さんは、転勤や部署移動に伴う移動があるかどうかは、面談もしくは説明会等でしっかり確認をしておく必要があります。

起業を考えているなら

2018.03.15

代表取締役の栗原です。

ベンチャー企業を選択する学生さんの中に、ベンチャー企業を選ぶ理由に『将来の起業を見据えて』という方がちらほら見受けられます。
これは個人的な経験、人脈を通じての見解になるので、誰にでも当てはまるものではないですが、将来の機業を考えるのであれば、まずは『大企業』を選択するほうがいいと思います。

起業を成功させるのに大きな役割を果たすのが『人脈』があります。
これは大きな会社であれば、それだけ取引先を含めて大きな企業であり、自分が起業した際にも、仕事をコネで紹介してもらう可能性も高くなりますし、自分がいた企業と連携したサービスとしてスタートさせたりすることができるからです。

『コネ』で仕事もらうなんて甘い考えは持ちたくないって人は、その考え自体がすでに甘いと思います。起業したら、ビジネスを成功させる事が目的である以上は、コネであろうとなんでも使って、ビジネスを成功させる事だけを考えるべきです。

もちろんベンチャーでも、同じような環境が揃っている所もあるので、一概には言えないですが、大企業でもベンチャーでも、どちらに所属していても起業はできますが、人脈を幅広く作りやすい大企業のが若干有利かなと思っています。もちろん個人での姿勢や職種にもよると思います。あとは社内起業支援などがある会社も最近は多いので、その制度を利用できるのであれば、個人でやるよりもリスクをヘッジできるので、より成功率が上がるので、是非利用を検討すべきだと思います。

給与について考える

2018.03.09

代表取締役の栗原です。

いま就活最前線の学生の皆様に、今回は給与について少し説明したいと思います。
これから自分の希望の会社に内定をもらい、入社をして最初の給与の振り込み日は、きっとみんなワクワクして迎える事だと思います。
アルバイトなどではなく、初めて社会人として働いて手にするお金ですからね。

アルバイト経験がない学生さんのが少ないと思いますので、なんとなく感じていると思いますが、思ったよりも給与の額面から色々な税金や保険が引かれて、手取りは思ったよりも少なくなります。
この引かれるものを『控除』と言います。

弊社の場合を例に挙げてみると、額面で24万円が支給されるとします。
そこから社会保険料、雇用保険、厚生年金保険料が引かれます。(※)
そして、よく税金が引かれると表現される所得税、住民税が引かれます。

※40歳以上になると上記に加えて介護保険も引かれます。

住民税は、住んでいる市町村で異なりますので、若干の差額は発生しますが、口座に振り込まれる金額は、約19万程度になります。
意外と色々引かれる訳です。
頑張れば給与も上がりますが、上記の項目の金額も増えるため、実際に手元に残るお金は思ったよりも少なくなるので、全然増えた気がしない。という現象が発生するのです。

頑張った人たちがしっかりと報われる社会にするには、税金などを決めている政治も大きく関わっていることがわかりますね。
会社だけが給与アップをしないで責められているニュースも多いですが、政治にも目を向けていく必要があるのです。

1 / 912345...最後 »